« 「Lalala, It's Love!」―『コーヒープリンス1号店』OSTより | トップページ | 2007年最高のドラマをランキングにしてみました »

2007-12-23

さすがの演技―パク・シニャン

053600690378740096

今「銭の戦争」を視聴中です。
パリの恋人が大好きな私にとって、パク・シニャンの新しい役柄はかなり衝撃的です。
ギジュとは180度違うクム・ナラに、最初は戸惑いつつも…今はすっかり引き込まれています。

お金がないためにに、人間的に生きられなくなった人の姿。
お金に振り回されるのではなく、自分がお金を操ってやるんだと、ある意味お金に復讐している姿。
大金を目の前にした人々の欲と苦悩。
一夜にして立場が逆転してしまった人たち。

とにかく、お金にまつわるさまざまなシチュエーションが登場し、そこにLOVE関係も絡んでけっこう楽しめる展開です。
そんな中、シニャン氏の演技はさすがです。最初の頃こそ「役つくり、ちょっと無理してるんじゃないの?」と思う場面もありましたが、気がつくとそんな気持ちはすぐになくなり、彼の演技に圧倒されるばかり。
サラ金業者の役なんて~と思ってたけど、硬軟使い分けたクレバーな仕事ぶり、それでいて心には誰よりも熱く激しい感情を隠し持っているクム・ナラを熱演する姿に釘付けです。

そして9話。これからが佳境です。宝探しの続きを…見てきま~す!

|

« 「Lalala, It's Love!」―『コーヒープリンス1号店』OSTより | トップページ | 2007年最高のドラマをランキングにしてみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすがの演技―パク・シニャン:

« 「Lalala, It's Love!」―『コーヒープリンス1号店』OSTより | トップページ | 2007年最高のドラマをランキングにしてみました »