« 寄せては返す波のように~「あの青い草原の上で」第24話より | トップページ | 命懸けの懇願~「あの青い草原の上で」第27話より »

2009-09-24

妻が結婚した★★★

Bfbf8980_d541601 ソン・イェジン主演の映画「妻が結婚した」。

見たのはもう結構前なのですが、以前書き留めておいたメモを今頃原稿に起こしています。

公開/2008年韓国

監督/チョン・ユンス

出演/ソン・イェジン、キム・ジュヒョク

概要/一生妻だけを愛したい男と、自由さゆえに彼だけでなく、愛する人(男)たちを愛しながら生きたいと思う女の葛藤と生き方を描く。

おまけ/R18指定 (知らんかった~)

う~ん…私はあんましピンと来なかったな~

主演の二人はとても光ってましたよ。素晴らしい演技でした。

News_photo ソン・イェジンさんの悪女?というか小悪魔的な奔放な役どころ、見る前は似合わないと思ってたけど(清純派のイメージが強くて)、意外ににイケるじゃん!と思ってしまいました。

キム・ジュヒョクssiのイケてないサラリーマン役もなかなか面白かったです。

演じる人については言うことない映画でしたが、テーマがね~…ある程度知った上で見たんですが(でもR18指定は知らなかった!)、私はあんまり好みではなかったです。というか、理解できなかったんです。

Image 結婚しているのに、他の男性と結婚したいという感覚。
どうして彼女が二人の男性と結婚生活を送りたいと思ったのか、子どもが生まれると子どもを両方の家庭に行ったり来たりさせながら育てようとしたのか?(そんなことしたら子どもの頭がこんがらがるんじゃないの?)

映画を見ている間、私の頭はキム・ジュヒョク演じるトックン目線でした。彼の味方だったかもしれません。同じ女性でありながら、イナの気持ちには全く感情移入できませんでした。

最後のオチもどうなんでしょう?
彼女の宿題は簡単だった、と言って飛行機でバルセロナへ…本場のサッカーを3人+1人で楽しんでいましたが、結局同じことの繰り返し?と思ってしまいました。

彼女のすべてを受け入れなければ、彼女のすべてを失う…みたいな。

結局また二股な生活が始まるの?
何だか納得いかない感じのまま終わってしまった気がするんです。

関係ないですが、エンディングで流れていた曲は、日本では有名な曲でしたね。発泡酒「キリン淡麗生」の初期のCM曲で、ボラ~レ!オォ~!ってラテン調の、あの曲です。
(その後、お笑いの芋洗坂係長が「ぼられた~」とぼったくりバーをネタにして歌っていました)

それば置いといて…と。そんなラテンな曲が流れて、はい!終わり!みたいな、そんな終わり方でいいの~?と正直腑に落ちないことばかりで…

なんか、私不満ばっか言ってますね 

このくらい不満たらたらなら★2つになりそうですが、そこは主役二人の演技が光っていましたからね。★3つで踏みとどまっているわけですよ。

Yn081017_01 でも一つ言えることは、ソン・イェジンの大胆な女性像。これまでの清楚なイメージとは全く違って見応えあります。私は、「夏の香り」みたいな清楚な彼女のほうが好きですけど・・・

でもそんな固定したイメージを脱ぎ去りたかったのかもしれませんね。…と、今は思います。

支離滅裂でミアネヨ~私の感想はこんな感じでした。あんまり参考にならないかも~

|

« 寄せては返す波のように~「あの青い草原の上で」第24話より | トップページ | 命懸けの懇願~「あの青い草原の上で」第27話より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寄せては返す波のように~「あの青い草原の上で」第24話より | トップページ | 命懸けの懇願~「あの青い草原の上で」第27話より »