« やっぱり気分転換したいな~… | トップページ | 「男の物語」16話~ラストまで〈その2〉 »

2009-12-13

「男の物語」16話~ラストまで〈その1〉

155006049_l

ムノとマジンガーが警察に連行されてしまいました

ついにドウを本気にさせてしまいましたね~

そして前回の対決の時と同じく、ひざまづいて許しを請うよう静かに言い放ちます。「2人じゃ足りないか?もっと必要か?(刑務所にぶち込むぞ)」とドウに言われて、シンは万事休す。

でも、前回と同じ過ちは犯したくないシン。
「もうおまえにひざまづいたりしない」

挑発的な言葉を投げつけるシンと、シンの言葉に驚きながらも内心(いつまでそんなこと言ってられるかな)と言いたそうなドウの表情が火花散ってていいです。

シンは警察に捕まった2人に、予め確認していたんですねードウの出した条件「2人を解放してもらいたければ、ひざまづいて許しを請え」という言葉を伝えて、その上で2人からこんな言葉で励まされていたんです。

「自分たちは無実だからそのうち釈放される。問題ない。思う存分闘って来い」と。2人とも男らしくて頼もしい特にマジンガーはあんなに弱々しかったのに、いつのまにか成長していましたね。

一方ドウは面白くありません。シンを叩き潰そうとするのに、しぶとくてなかなか諦めない。ついに闇の男(名前忘れたから影武者と呼びます)を使って、シンを葬る計画を立て始めます。

そして、やがて実行に移すのですが、そのやり方というのが何ともドウらしくて、いやらしい方法なんです~いやーもう!シンってば危ないよー!

…つづく(笑)

|

« やっぱり気分転換したいな~… | トップページ | 「男の物語」16話~ラストまで〈その2〉 »

コメント

このページの車の運転席に座っている ヤクザも味がありましたねぇ ( ̄ー ̄)ニヤリ

確か、シンの義理姉に恋心を抱くんですよね

脇の俳優さん達もしっかりしていてドラマが引き締まりました。
megさんは観てないけど 「太王四神記」のメンバー多いですよ


投稿: あっぷる | 2009-12-13 12:08

あっぷるさん、私もこの運転席の彼、好きでした~!
「銭の戦争」に出ていた時にチェックした俳優さんでした。
脇を固めるナムジャたちの個性的でしっかりとした演技もこのドラマを面白くした要因ですよね。
シンの義姉との結末知りたかったですね。

投稿: 管理人 | 2009-12-14 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり気分転換したいな~… | トップページ | 「男の物語」16話~ラストまで〈その2〉 »