« ついにワンゴンが帰ってきた!―「エデンの東」27話より | トップページ | ヒョンビンとヘギョちゃん別れたんですか?? »

2010-04-12

井上ひさしさんの座右の銘

ここ数年は韓ドラ一辺倒の私ですが、以前は「趣味は読書です」と言えるくらい本を読むのが好きでした。

でも、井上ひさしさんの作品に触れる機会はほとんどなく過ごしてきました。

先週井上さんが亡くなられたことで、これまでに発表された作品が紹介されているのを見ていて、とても残念な気持ちになりました。もっと早くに読んでおけばよかったなぁ…と。

そして今夜、NHKのニュースで井上さんの座右の銘が紹介されているのを見て、その思いはますます強くなったのです。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

むずかしいことをやさしく

やさしいことをふかく

ふかいことをおもしろく

おもしろいことをまじめに

まじめなことをゆかいに

そしてゆかいなことは

あくまでゆかいに

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

文章を書く者の端くれとして、とても深く心に染みる言葉です。

誰もが分かる言葉で、簡単なことのように書いてありますが、実はとても難しく永遠のテーマとも言えるのではないでしょうか…。

韓ドラとは関係ない話題ですが、ぜひ残しておきたい言葉だったのでアップさせていただきました。ここまで読んでくださりありがとう。


  ↑ランキングに参加しています。楽しんでいただけたらクリックお願いしますpenguin

|

« ついにワンゴンが帰ってきた!―「エデンの東」27話より | トップページ | ヒョンビンとヘギョちゃん別れたんですか?? »

コメント

megさん、こんにちは。私も本を読むのは大好きです!井上ひさしさんというとどうしても「ひょっこりひょうたん島」なんですよね~coldsweats01(年代がばれちゃいますが...)
私もほとんど読んでいませんが、この座右の銘は深いな...と思いました。ご紹介ありがとうございます。
言葉を紡ぐということは、簡単のようで難しいなと感じます。
何かを書くたびに自分の拙さを感じてます。
この言葉を胸に刻んでおきます。
いろんな意味で大切な人が亡くなってしまったと思います。ご冥福をお祈りいたします。

投稿: ちぇりー | 2010-04-14 12:48

ちぇりーさん、この記事にコメントしてくれてコマウォ~とっても嬉しいです。ひとり言も拾ってくれるちぇりーさんチェゴ♪
私たぶんちぇりーさんと同世代だと思うのですが、私は「ひょっこりひょうたん島」はあまり見ていないような…?
NHKの人形劇で記憶にあるのは「プリンプリン物語」やしぶがき隊が主題歌を歌っていた「キャット」(マイナーすぎ?)くらいで…どうですか?同年代??

話が逸れましたが、文章を書くというのは常に自分の足りなさを感じる作業ですよね。自分の頭の中にあるイメージを外に出すのがこんなに難しいなんて…語彙力のなさと表現力の拙さを感じます。そして自己満足になってしまう…
でもそれでも書かずにいられないんですけどね!

投稿: 管理人 | 2010-04-15 07:20

megさん、こんにちは~実はこういう記事が結構好きだったりします。以前カテゴリーは違うけど、「セクシーさ」について語ったりしましたねwink
隠すつもりはなかったのですが、「最後の雨」の記事の頃にだいたいmegさんの年代は承知してましたので、私はもう少し上の世代だと気づいてました^^;敢えて明かさなくてもいいかなと思ったので、今まで書かなかったけれど...ちなみに「プリンプリン」の頃は、アニメや声優さんオタクだったのでcoldsweats01それこそ必死に見てました。megさん世代だと「ひょうたん島」は記憶になくて当たり前ですよ。

表現する行為は、本当に難しいことです。自分の器を広く持てないとすぐに行き詰ってしまう気がします。一つの感情をどれだけの言葉で紡げるかと考えると余計に。まずは自分がいろんなものを読んだり聞いたり...体験しないといけないなと感じます。
想像力を刺激してくれるものに触れていたいと思います。

投稿: ちぇりー | 2010-04-15 12:38

ちぇりーさん!「最後の雨」の記事で何書いたっけ?と慌てて確認してしまいました…書いてましたね~思いっきりcoldsweats01。忘れていました。ちぇりーさんの記憶力にびっくりです~ということは…私、ちぇりーさんの年代を見誤っていたかも?という懸念が…sweat02ちなみに、私も中学生の頃はアニメ・声優オタクでしたよ。まさにツボが同じ!見ていたアニメは違うかもしれませんが、声優さんの名前を言うと「あの役とこの役が同じ人で~」なんて盛り上がりそうですよね!わぁ~!やってみたい(笑)

表現の根本にあるのは、自分の経験や体験。つまり自分の人生を通してしかモノを語れないということですよね。心に留めて精進します!
たまにはこういう堅い話題もいいかな~以前は100%韓ドラにしようと、別にブログを持っていたんです(日常のことを書くためのブログ)。でも両立できず放置したままです。なので、たまにはここに書かせてくださいね~

投稿: 管理人 | 2010-04-16 07:02

megさん、こんにちは~何気にこの場所が好きですcoldsweats01検索フレーズランキングの4位に「井上ひさし 座右の銘」とあるのが気になりますが^^;
私たちどこまでツボが似ているのでしょうか?年代は違っていても共通項があるのは楽しいですhappy01たまにはオタクな話もしましょうか(笑)第一次声優ブームと言ったらいいのか、私がアニメに夢中だったときに声優さん人気も盛り上がりました。アニメ雑誌も創刊されたりしました。漫画もアニメも本当に好きでしたね~

小さい頃から本を与えておけばどこに居るかわからないと言われたくらいで、夢は本に囲まれて過ごすことだったりします。
本を読んでいるとすっかり想像の世界に突入しているので、話しかけられても気づかないですからcoldsweats01
小説、音楽、映画、ドラマ、漫画...どの分野でも想像力を刺激してくれる作品が好きです。表現する側も受け止める側も、心が(頭が)柔らかくないと!と思っています。

投稿: ちぇりー | 2010-04-17 14:17

ちぇりーさん、そうなんです。「井上ひさし 座右の銘」の組み合わせが検索フレーズの上位に入っていてちょっと焦っています。そのキーワードでVIVA韓にたどり着いた方には申し訳なくて…なんだ?ここ?って思われたに違いありません(@Д@;
先週は「東方神起」が上位に入っていて、この時は戦々恐々だったですしね。迂闊なこと書けないな~なんて一人で反省しています。
ちなみに昨日くらいから「のだめ」関連ワードが検索されています。土曜日から映画が公開された影響なのでしょうが、これまた申し訳ない感じの記事しかなくて…でも今月中には私も映画を見に行く予定です。楽しみです♪

ちぇりーさんがアニメに夢中だったころに創刊された雑誌、きっと私も読んでいたと思いますよ。兄メディアとかアニメイトとか…ですよね?私はアニメそのものよりも、声優さんと主題歌に強く興味を惹かれていました。当時から今と興味の方向は変わらないな~としみじみと感じました。
アニメの内容はさっぱり覚えてないけど、主題歌は今でも歌える…そんなんばっかりです(笑)

ちぇりーさんの本好きは感じていましたが、きっと私以上だと思います。ちぇりーさんのオススメの本、いつか教えてくださいね。
頭をやわらかくして待ってます♪

投稿: 管理人 | 2010-04-19 00:05

megさん、こんにちは~私も今月中に「のだめ」完結編観に行こうと思ってます^^megさんの感想楽しみにしてますnote
私もアニメより段々声優さんに興味が移ってしまったので、好きな声優さんがどういう役を演じるのかってアニメを見ていました。
歌手の方々も人気ありましたしね~(今も皆さん現役ですし)

韓国ドラマでもよく出てくる「キャンディ・キャンディ」は、漫画でどっぷり嵌って、アニメになったときは誰がキャンディの声?アンソニーの声?でした(笑)

私の読書の原点は、「世界名作集」みたいな絵本でした。2ヶ月に一度だったか配本されるシステムで、読むのが早いので次が待ち遠しかったですね~今も本棚にありますよ。その後「若草物語」に出会って夢中で読みました。「足長おじさん」も想像力を刺激されました。
座右の銘ではありませんが、谷川俊太郎さんの「生きる」という詩が大好きで時々読み返します。

投稿: ちぇりー | 2010-04-20 13:07

ちぇりーさん、こんばんは。
私も映画「のだめ」は月末になりそうです。感想は…気長に待っていてくださいね~(^-^;
アニメより声優が気になる…なんて、マニアック度からいくと、私たちどっこいどっこいかもしれませんね~でも対決したら負けそう(笑)
そういえば「キャンディ・キャンディ」はなぜか韓国ドラマによく登場しますよね。放送されたことがあるのでしょうが、なぜこのアニメに限ってそんなに人気があるのか不思議ですねよね。
パリ恋でテヨンが主題歌を歌いますが、歌詞が全然違いましたよね。韓国での訳詞を一度ちゃんと見てみたいです。

私の読書のきっかけは辞書でした。小学生の頃の愛読書はことわざ辞典と国語辞典でした。変わった子だったかも~その後は、中学生のころに寝る間を惜しんで若者向けの本を読みあさりました。でもだんだん物足りなくなり堅い本に幅を広げていきました。「世界名作集」のような本はもっと小さい時に読んでおきたかったと後で思いました。いつも一歩遅かったりします…
谷川俊太郎さんの詩、さっそく探してみます。最近図書館行ってないからな~久しぶりに行ってみようかという気になっています。

投稿: 管理人 | 2010-04-21 02:06

megさん、こんばんはhappy01辞書が読書のきっかけとは!
でも私も辞書は結構好きです。一つの言葉をきっかけに、あれこれ広がったりしますし...
私の読書傾向はかなり偏っていると思います。好きな作家の作品を読み漁るタイプですcoldsweats01
アガサ・クリスティー、東野圭吾、野沢尚、星新一、山崎豊子...
特にクリスティーは相当読みました。ミステリー好きです。
読書というより活字が好きなので、雑誌のインタビュー記事なども好きです。だから「もっ韓」が好きですshine
そうそう、「世界の名作」(全22巻)には「雪の女王」も収録されていて、ドラマを見る際に絵本を引っ張り出して読んでみました。
「青い鳥」のイラストが岩崎ちひろさんで、ちひろファンの私にとっては大切な1冊なのですwink

投稿: ちぇりー | 2010-04-29 00:31

ちぇりーさん、話せば話すほど似ているところがあって不思議です。
星新一さんは私も中学生の時によく読んでいました。読みやすいんだけど、実はとても難しくて不思議なお話ばかりという印象でした。
私は外国の作家さんはちょっと苦手でしたが、ミステリー好きというのは似ているかも。宮部みゆき、横山秀夫、加納朋子...昔は新井素子さんも好きでよく読んでいました。私はどちらかというと、壮大なものよりも、さらりと読める日常のミステリーを扱った作品が好きなのかも。

岩崎ちひろさんが好きというのも一緒です。小学校の時、国語の教科書の表紙がちひろさんで、それがきっかけで国語が好きになったくらいです。
ね?話せば話すほど似てると思いませんか?自分でもびっくりですよ!

投稿: 管理人 | 2010-04-29 15:53

megさん、こんにちはhappy01
私たち年代は違えど、よく似てますね~
星新一作品は、ショートなんだけど深いんですよね...
宮部さん、横山さん、新井さんも読みました!それから赤川次郎作品も結構好きで、今でも「三毛猫」「杉原爽香」シリーズ読んでますbleah

何年か前ですが上京したときに、「ちひろ美術館」を訪ねたことがあります。住宅街の中にあるんですが、とても素敵でした~ちひろさんのアトリエが再現されていて、その本棚に「世界の名作」が並んでいて感激しましたshine
私たち近くに居たら、話が尽きないのではないかしら?

投稿: ちぇりー | 2010-04-30 12:43

ちぇりーさん、赤川次郎!私も書こうと思って書き忘れていました。ふふふ~やっぱ似てる。でも三毛猫シリーズは高校生の時で止まってるかも~です。最近も執筆されているのですね。
ちひろ美術館…癒されそうですね。住宅街にひっそり建っている様子が目に浮かぶようでちひろ美術館らしい気がします。
近くにいたら…どうなっていたでしょうね~朝まで生テレビ状態??(笑)

投稿: 管理人 | 2010-05-01 04:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついにワンゴンが帰ってきた!―「エデンの東」27話より | トップページ | ヒョンビンとヘギョちゃん別れたんですか?? »