« テウン's Twitter! 完全終了。 | トップページ | 人気記事ランキング 2010年9月集計 »

2010-10-16

日本映画ですが…「悪人」のロケ地の話。

540_006008399592175976

先日の釜山国際映画祭に招待された映画「悪人」の主役二人と監督です。

この記事を読んで思い出しました。

この映画のメイキングとインタビューが地元のTVで放送されたのをたまたま見たのですが、映画のロケ地というのが、私の地元周辺だったようなのです。

たぶんその関係で地元のTVで特集していたんだと思います。
(たぶん全国放送じゃなかったと思います)

この映画、ご覧になった方がいらっしゃれば分かると思いますが、方言バリバリですsweat01私の住む地方ではこんな感じですよ~coldsweats01
人に聞かれるとちょっと恥ずかしいくらいの方言です~~

妻夫木くんも深津さんも、とっても上手に使いこなしていてびっくりしました。
(でもよく考えたらブッキーはこちら出身でしたね)

私自身は方言で話すのが好きじゃなくて、ほとんど使いません。
…って言っても、標準語を話す人が聞けば「言葉は普通でもイントネーションが変~」って思われるんだと思いますがsweat02

主なロケ地がQ州で、しかも私の住む県やお隣りの県でかなりの割合の撮影をした模様です。
この映画は逃避行する話なのでいろんな場所が登場しますが、場所を知っていれば「よくぞこんなところまで…」って辺鄙な場所で撮影してあるんですよ~

でも、景色は抜群に綺麗です。それは保証します。
美しい映像にするために選んだ場所、そう考えると頷けます。

逃避行の末に行き着いた場所…象徴的なシンボルが登場しますが、これも私が住む県のある島で撮影されたものです。

日本で最も遅く陽が沈む県の夕暮れの風景…とても幻想的ですよ。
機会があれば見てみてくださいね。
(あ、映画の本編で登場するかは分からないのですが…すみません。メイキングには出てきました。)

まぁ、今日は奥歯にものが挟まったかのような、暴露してるようなしてないような。
これを読んで、私がどこに住んでいるのか…想像していただけたらいいのかなと思います。

あ…!
映画のことを全く書いていませんが…作品そのものは暗いです。
人間の中に潜む誰もが持つ悪の部分をクローズアップしてあります。

私は映画をちゃんと見ていないので、いい加減なことは言えませんが…ラストが気になります。

11日夜、釜山市海雲台区内のホテル「ウェスティン・チョースン・釜山」で映画『悪人』のラウンド・インタビューが行われた。写真は左から深津絵里、妻夫木聡、李相日(リ・サンイル)監督。『悪人』は第15回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門に招待された。

11日午後7時30分、釜山市海雲台区内のホテル、ウェスティンチョースン釜山のライラック・ルームで、映画『悪人』のラウンド・インタビューが行われた。インタビューで、主演の妻夫木聡は「『悪人』の(主人公)祐一役は、初めて、(自分から)先に『やりたい』という気持ちを表に出して手にした役なので、意義深い」と語った。

「初めて吉田修一さんの原作小説を読んだ時はとても衝撃的だった。『人間というものは一体何だろう』という気がして、いろいろと考えさせられた。こうした内容を映画にすると、どうなるのかと思った」とも。

だが、「祐一役には、(素の)自分にはない部分がたくさんあり、魅力を感じた。自分のまた違った一面が見たかったので出演を決心した」と出演を決意した時の気持ちについて説明した。

映画『悪人』は殺人犯となった祐一(妻夫木聡)が独身の紳士服販売員・光代(深津絵里)と出会い系サイトで知り合ったことから始まる逃避行を描いた作品。第15回釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門に招待された。


  ↑ランキングに参加しています。楽しんでいただけたらクリックお願いしますapple

|

« テウン's Twitter! 完全終了。 | トップページ | 人気記事ランキング 2010年9月集計 »

コメント

megさん、おはようございますnote

もう随分と昔になりますが、megさんがおそらくお住まいのお隣の県にウリ旦那さんとお世話になりましたbud
今ほど有名でなかった(?どれだけ昔coldsweats01)湯布院や雲仙の由緒あるリゾートホテル、遠出して高千穂にも行きましたよ!
いつもrvcarだったのでやまなみや海岸線がキレイshineだったことを今でも思い出しますheart04
出来ることなら、もう一度行ってみたいですnote

映画祭のお話しとは関係ないコメントでした〜smileミアネッsweat01

投稿: sari | 2010-10-16 10:32

sariさん、この記事にもコメントくださってありがとうございます。
地名を見るといろいろ行かれてますね。
高千穂は今やパワースポットとして有名ですよ。
ウリダンナさまも高千穂のパワーはお気に入りです。

やまなみ、海岸線、どれをとっても他の地方に負けない自慢です!
またいつか来てくださいね…なんてね。
映画の話…って言いながら、私が自分の話をしてるんですから気にしないでくださいね~

投稿: 管理人 | 2010-10-16 18:01

megさん、こんばんはhappy01

いや~ん、もしかしてmegさん、私のマシャとご同郷?
もしそうなら羨ましいhappy02
年齢も近いですよね?
いいないいな~(←勝手に決め付けてるcoldsweats01)

妻夫木君もカッコいいですよね~♪
映画の内容は重そうですね
ロケ地で同じポーズでパチリcameraはちょっとキビシそうですねcoldsweats01

投稿: sakimasha | 2010-10-16 22:37

megさん、みなさんおはようございます。
昨日一日来なかっただけで、すごいたくさんの記事がupされていてびっくりしました。さっそく投票しました。あと2人投票しなくっちゃ。

前置きが長くなりました。
「悪人」ですが、本も読んで、映画も見ました。ロケ地がmegさんのお住まいの近くだったのですねshine 私は最初に本を読んだのですが、もう映画が作られていたので、読みながら主人公が妻夫木くんと深津さんになってしまって…
ほとんど本に忠実に描かれていたと思います。
映画も良いですがたまには本を読むのもいいですgood でも「悪人」は結構大作でしたsweat01
そういえば、最近読んだ姜尚中 (カン・サンジュン) さんの『母ーオモニー』も読み応えがありました。在日の悲哀がこめられていて、今でこそ在日であることがそれほど隠すことではなくなってきていますが、オモニたちの代の苦労がうかがえました。関係ない話しになってしまいました。

投稿: yumi | 2010-10-17 11:14

sakimashaさん…ヤバイ。鋭い…(笑)
年齢も…確かに近いですね。
噂はいろいろと聞きますよ~
でも、正確には私の地元とは近くないので、情報はみなさんと同じレベルだと思いますよ!

ちなみに今のドラマのポスターが私の職場には3枚も貼ってありますよ。どれもドデカサイズです!欲しいとお客さんから言われますが、裏にシリアルNOがあって、あとは処分しなくてはならないんですよ~もったいないですよね~
…完全に話が逸れてしまいました(^-^;A

ブッキー好きなんですよね。でも映画が暗くて重そうなので見るのを躊躇ってしまいます…


yumiさん、こんにちは。
「悪人」小説も映画もご覧になったんですね。素敵です。
って言うか、お忙しい身なのに、どこにそんな時間があるんですか~!その時間のやりくりがすごいです。
私も本を読むのは結構好きなのですが、「悪人」の読後感はいかがでしたか?読んだ後に、重苦しい気持ちになる本はあまり読みたくないな~って思っちゃって…

姜尚中さん!仕事で呼びたいと思っていたんですよ~(結局ダメでしたけど…)
在日の悲哀ですか…韓国ドラマを楽しむのもいいですが、たまには本当の韓国と日本についても考えないといけませんよね。

投稿: 管理人 | 2010-10-17 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テウン's Twitter! 完全終了。 | トップページ | 人気記事ランキング 2010年9月集計 »