« ELLE3月号にスンギくん…ちょっと大人。 | トップページ | 「パスタ」を見始めました。 »

2011-02-25

続・ELLE3月号~Seung Gi in N.Y~

Elle01

ELLEの企画のコンセプトと、スンギくんのインタビューとニューヨークの街や風景…
上手にミックスされている作品だと感じました。上質なエッセイみたい。

私もこのくらい描写できれば、妄想の中のスンギくんに深みが増すのに…と唸りました。

私、昨日画像を記事にした時点では、このインタビューの翻訳は読んでませんでしたが、写真を見て感じたこととスンギくんの(言葉として綴られた)文章がしっくりきました。

私が感じた苦悩のイメージ…あながち間違ってなかったのね…なんて。

でも、私はやっぱりスンギくんには笑顔でいてほしいな…

でも笑顔の下の素顔…それもまた彼の真実の姿なんですよね。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

06:30am
都市の明け方の空気が窓の隙間から入り込んだ。 急いでトムソン(Thompson)ホテルを出た。 ニューヨークの通常の通りのように騒がしかった昨夜は影も形もなくて、ロオイーストサイド(Lower East Side)は今や眠りから覚めていた。
一歩、二歩と、ますます速度を高めながらアーレン ストリート(Allen Street)について走った。
一時間ぐらい過ぎたのだろうか? 涼しい風が頭と胸をたたいた。 いかなる気持ちもすべて邪魔をすることはできない。むしゃくしゃしている考えも出現できない。
ソウルでも毎朝出て行く道、深夜入ってくるところがいつもそうだ。

どうせ現場でまた悩んで考えることになるから、そのようにしなければならないから。 あらかじめ悩みを抱いて通う必要はない。 部屋に戻ってシャワーを浴びて2階の食堂に降りて行くと皆朝食中だ。 知っている人らの安否とニューヨークの気まぐれな天気、その他のわずかなニュースをやりとりしながら。

20分余り後 私は先に部屋に上がった。

08:00am 
もう一日が開始だ。 ヘアーアーティストが頭をなでつけ始めて、私は今日すべき仕事に対して考える。 スタッフらの話声がひそひそと聞こえて、私は特別に私に渡す用事でなければ言葉を慎む。
「1泊2日」では朝起きるやいなや大声で話をよくすることになる。 だが、平常時には少しでも話をしないようにする。 声はそれ自体が重要で繊細な楽器だ。
歌手が喉を多く使うのは良くない。 そのような意味で芸能番組と音楽活動はとても違ったことだ。
片方はどうにか話をよくしなければならなくてもう片方は喉を惜しんで舞台で使わなければならないから。
「1泊2日」と「強心臓」 二つのプログラムを固定的にしながら得たものが多い。
個人の技量も重要だが「上手にする人々」と一緒にするのがどれくらい重要なのか、チームワークがどれくらい大きいのか悟った。 だが、そのために多様な機会をあきらめたのも事実だ。
例えば二つのプログラムの間に最大で時間を割いても3泊4日ほどしかならない。 その間に何か他の仕事をすることは負担になる。

12:00p m 
車に乗って14番街ユニオン スクエアに到着した。 道を渡って公園へ向かった。 ベンチに座って一息入れるのに 私を分かって見る人々が結構多い。 忙しい日程のせいで 一人ひとりに返事をすることができなくて惜しい。
「見る目」がどこにでもあるということは大丈夫だ。 他人の視線にはたくさん毅然とするようになったと考える。
以前は記事やコメントを見ながら「あれ? もう悪口受けた? 気を付けなければならない」そのように萎縮することもあった。

今は一喜一憂する頻度が減った。 大衆の関心、視聴率、すべてのことがそうだ。 上がっては下りることに大きくこだわる必要はないようだ。 年齢に比べて成熟して若年寄りのようだと? そのような話もたくさん聞く。 いわゆる話す芸能人「チャムバプ」が少しは積もったから。
事実「1泊2日」を始めた時からだけでも進歩があった。 兄らと話すのもそうで どれくらい難しかったか。 カン・ホドン兄とは17才違う。 他の人々とも7~8才ほど違いが生じる。
それでも今は容易になったという話ではない。 いくらか楽になったり、何をどのようにしなければならないのかが分かるようになったという意味だ。

02:30pm 
プルリコ ストリート(Bleeker Street)についてイーストウェストへ渡った。 グレニッチビレッジ(GreenwichVillage)の「オゴストゥ(August)」で遅れた昼食を食べる。 ここはなんだか見覚えがあって しばらく心の隅々に入れる。
バーの中の外国のお客さんらと目が合う。 彼らが微笑む。 目と目で伝えられる 心と挨拶の言葉。 ドラマをする時しばしば聞いた話が思い出される。

「目が良い」「目を通して何を話すのかが分かる」一番聞きやすい称賛だ。 実は最初は皆 私に俳優の顔ではないと言った。
何かの撮影の監督は冗談半分に こう話した。 「90年代だったら俳優の顔ではないが 世の中が(スンギの顔を)好きになってきて可能になることもある」と。

実際そうだろう しかし演技に対して大きな負担はない。 反面歌手をする時は常に物足りなさを多く感じて、不足している事に恥も感じる。 歌手で始めたからそうだろう。 だが、演技は不足しているのが当然だ。 代わりに私が準備したこと等は現場でみな吐き出してこようとする。

05:00pm 
チェルシ(Chelsea)側に上がってケンスブル ストリート(Gansevoort Street)に車を止めた。 ケンスブル ホテルとスタンダード ホテルなどが群落を成し遂げた周辺を歩いてまた歩いた。 今日一日がよく流れているのか、じっくり考えながら。 私は現場で正しいとか誤りだとかコメントを聞く方でない。
ちゃんと出来なくて いら立つ事もあるがぴったりと上手にすることもできない。 以前にはいらだっていることもあった。 私は幼い時からそれが問題だった。
何でも平均以上はできた。 中途半端だという意味で。 人生には紆余曲折があって、恋愛経験が多いほど演技と音楽が深くなるという話も 私に悩みを与えた。
私はそのような人生を生きてこなかったから どのようにすればいいのだろう。 ところがおよそ3年を過ぎた頃だろうか?
感情面が良くなったが恋愛しているのかと多く尋ねられた。 その時知ることになった。 経験に執着する必要はない!
わざわざ経験を作ろうと人為的に努めることもなく、もちろん避ける必要もない。 人生の多様な経験が私に自然にきて、また意図しないように通り過ぎるのだろう。

06:00pm 
闇が十分に落ちるぐらい小さな家(Soho)に到着した。 まだ寒い天気。 退勤する人々がはやい歩みでかすめて行った。
地下鉄駅前にぼんやりと立って彼らを眺める。 流れに傾かないで私が行く方向を探すために。 私は今までそのようにしてきた。

歌手、芸能、演技を併行しながら環境が変わって日程が複雑でも関係なかった。 「イ・スンギ」という自身がまっすぐに立っているから。
十八才で歌手デビューした後、今まで大きな問題なく上手にやってきたように見られるが 事実私の気持ちは絶望した時もあった。 無条件に1位になることを渇望して、さらに高い席を望みながら。
だが、そのような時期を早く編み出すとかえって今は揺れることがない。 私は一つの仕事が終わればいちはやくそこから抜け出して次の中に入る。
作品が終わった後に 自分のキャラクターから抜け出せないという話は私には贅沢だ。 個人的な生活も 確かにある。運動して、おいしいものを食べに行って、映画も見て、スキンケアも受けて。いつの日か仕事とは完全に分離された出口が必要な時も来るだろう。そんな時がくるということだけ知っていればいいと思う。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

Elle08


  ↑ランキングに参加しています。楽しんでいただけたらクリックお願いします

|

« ELLE3月号にスンギくん…ちょっと大人。 | トップページ | 「パスタ」を見始めました。 »

コメント

megさん、おはようございます
スンギくんの記事ありがとうございますm(_ _)m私はココでしか読めないので、本当に嬉しいです

スンギくんは本当に素敵な人ですね。スンギくんに出会えて、好きになって、応援する事が出来て幸せだなぁ…と改めて思います
スンギくんの考え方や内面が、スンギくんをより素敵にみせてるのかな…な~んて☆
私も笑顔のスンギくんをみて、癒されます
…私の感じたままにコメントしてしまい、まとまってなくてごめんなさい

投稿: ひろむ・らむ☆ママ | 2011-02-25 08:29

megさん、みなさん、おはようございます
前回の記事では、写真に付いてだけしか書かなかったけど、
ナンシーさんのを読ませて頂いたら、どうしても記事が読みたくなって、本屋さんのはしごをして探したけど見つけられなくて、
落ち込んで(単純でしょう)帰ってきました。
夜、おじゃましたら、記事がUPされてたので、めっちゃ嬉しかったです。有り難うございました。
スンギくん、凄く思慮深いですね。
ますます応援したくなりました。
ところで、megさん本人は、残業も遅くまでで、しかもお休み返上で
お仕事していらっしゃるのに、不定期と言えないくらい、UPして
下さって、ただただ感謝ですが、どうか無理をしないで、体調には気を付けて下さいね

投稿: roony | 2011-02-26 11:34

megさん、みなさん、こんばんは^^

2/24発売の“ELLE KOREA 3月号”が無事我が家へも届きました!
この雑誌、JYJのジェジュンssiも載っているからか、発売前でも殆どのところで売り切れていましたね。
在庫ありのところも、強気になって後で値段を上げていたのでビックリ(@_@)
韓国のインターパークでも、ずっと在庫無し状態でしたが今はどうでしょう?!
でも、またもジェジュンssiの影響か?増刷される事が決定したようです、すごい流石はトンさん。。
本当は日本語Ver.も発売される予定で予約も取っていたようですが、どうやら没になったようです(ジェジュンペンの同僚からの情報です←遂に職場でも韓流仲間を見つけたのです~^^)

肝心のスンギくんの記事ですが、全16ページに渡り掲載されていて見応え読み応えがあります。
昨年の“Ceci”のタイで撮影されたものもとても素敵でしたが(記事のインタビュー内容も良かったです!あと、saemの広告が2Pに渡り載っているのですが、VIVA韓でお馴染みの右サイドバーの横顔sexyスンギがババーンッといます^^)、それを凌ぐ出来映えになっていますよね(こちらには、コロンスポーツの広告が2P載っていますよ)

タイトルは「nothing on me」となっています。
憂いを秘めた表情が、マンハッタンの街並みに自然な感じで調和していますね。
素のスンギくんとはちょっと違いますが、コンセプトを表現するモデルとしては最高ではないでしょうか  
私が毎回(インターネットで写真がUPされていても)わざわざ韓国の雑誌を購入するのは、やはり印刷されているものが(紙質も良く)なにより美しいからです^^
モシンネヨ~~

NY滞在中のある1日を、スンギくんが独白する形で進められているこの書き方、とても趣がありますね、私も惹かれました。
私などより精神的に大人で、きちんと自分で解決してしまうところに感嘆した反面、“優しい嘘”などつかずに、もう少し周りに甘えてしまった方が楽になるのではないかと心配にもなりました。。
そして、確か年始1月のインタビュー記事で、凍りつく真冬でも毎日漢江をジョギンクしていると言っていましたが、NYでもちゃんと実行しているようで只々感心しました。


…それにしても、NYでは、カーネギー公演の他にもお仕事してたんですね。
確かご両親も同行していて、留学中の妹さんとも合流するようでしたが、もっと別の仕事もしていたのでしょうか?
時差が大きくJetlagも激しい筈なんですが、事務所も放って置いてはくれませんでしたね、ロケーションが良すぎですものね(^^ゞ
ミュージカルやオペラは見れたかな?美術館は行けたかな?なんてスンギくんの滞在中思っていましたが、少しでも、初NYを楽しむ事が出来ていたなら良いのですけど。

投稿: pearl | 2011-03-03 23:16

megさん、みなさん、久しぶりなので3連投お許しくださいね^^

以前より、ELLE KOREA のHPで予告されていましたが、3月号のスンギくんの記事“nothing on me”の撮影風景の映像がELLE at TVに登場したようですね。
映像になると、前後の繋がりが分かって ト ト マシンネヨ~

http://www.youtube.com/watch?v=gPi0r3264MM&feature=player_embedded

投稿: pearl | 2011-03-27 00:55

megさ~ん、ミアネヨ~
4連投したくてしているんじゃないんですけど

↑「マシンネヨ」じゃなくて「モシンネヨ」でした(アタフタアタフタ)
1字違うだけで全く違う意味に。。
でも、「マシンネヨ」もある意味あってる?
失礼しました

投稿: pearl | 2011-03-27 01:03

pearlさんにしては珍しいミスですね。
でも、マシンネヨ~でも通じますよ、私には(笑)
前後のつながりがわかって、より味わえるわよ~と言ってるんだと勝手に解釈しましたよv

早速映像見に行ってみますね~コマウォ~ヨ。

投稿: 管理人 | 2011-03-27 02:40

megさん、みなさん、おはようございます♪

相変わらず夜中に起きだしてごそごそ家事をやたっりしつつ、こちらにもお邪魔してます。そしていつのまにやら朝に・・・

megさん、週末もお仕事だったんですね。お疲れ様です。
それなのに丁寧なコメレスありがとうございます。
再びコメントに「管理人」の字が並びだしたらやっぱりVIVA韓に活気が溢れてる感じがしますね。嬉しいです。
でもでも、しつこいですがあんまり頑張りすぎないでくださいね~


pearlさん、お会いしたかったですよ~(って会ってるわけじゃないですけけど
きっとこんな時だからとてもお忙しいのだろうと思ってました。
おまけに花粉症まで重なって・・・辛いですよね~。
私も花粉症のせいでわくわくするはずの春はできるだけ外出したくない季節になってます。外出時はマスクに帽子ですっかり怪しいおばさんに(T_T)


震災直後、テレビでニュース以外の番組を見ること、貴重な電気を使ってスンギくんの歌を聞くこと、暖かい部屋にいること、温かい物を食べること、いろんなことが被災地のことを思うと申し訳ない気がして自制していました。でも先日新聞で、被災地のことを思って必要以上に我慢して自分を追い込んだり何もできない自分を責めたりしてはいけない、復興には長い時間がかかるので必ず出番があるからそれに備えなくてはいけない、そのためにはおいしいものを食べたりして心も体も元気でいなくちゃいけない、それも支援活動の一つなんだというような内容の記事を読んで、一緒にどこまでも落ち込んじゃダメなんだと思い直しました。
不安でグラグラする時、心が救いを求める時には、スンギくんの声を聞いて笑顔を見て、VIVA韓にもお邪魔して、韓ドラにも癒しを求めて、(贅沢すぎ?)元気でいようと思ってます。
もちろん節電、買いだめしない、募金・・・私にできることは意識してやっていきます。


さて、ELLEの映像教えてくださってありがとうございました。ブランチで終始さわやかな笑顔のスンギくんを見た後に、こちらの切ない表情のスンギくん・・・このギャップが
またもや一目ぼれした瞬間のようにどきどきしてます
(マシンネヨもモシンネヨありですよ


素敵なスンギくんとVIVA韓のおかげでパワー充電完了
ありがとうございます!

投稿: sakko | 2011-03-27 07:05

megさん、みなさん、こんにちは^^

megさん、早速に記事にしてくださったのですね。
まだまだお忙しいところ、カムサハムニダ~m(__)m
私などよりお忙しいと思いますのに、コメレスも丁寧になさっていて頭が下がります。
後ほど、あちらにもお邪魔しますね。


sakkoさん、私もお会いしたかった~(笑)
でも、冗談ではなくいつかホントにお会いしたいです^^

sakkoさんのことですから、しっかり節電etc.なさっているんでしょうね。
そうそう、色々な支援方法があって良いんだと思います。
長期戦で、みんなで日本復興をしていきましょう。がんばれ日本

>またもや一目ぼれした瞬間のようにどきどきしてます
おっと、sakkoさんはスンギくんに一目ぼれだったのね?
さすが、お目が高かったです!素晴らしい~~!
私は、最初全くでしたから(^^ゞ

NHKのハングル講座、教えて頂きありがとうございました^^
見させて頂きましたよ~
私は、アレックスssiも、ノ・ミヌssiも好きなので嬉しかったです。
もっと前から見ていれば良かった~
で、来週から超新星が出るようなので、早速、彼らのペンの姪に教えてあげました。ハングル講座としては、ちょっと硬そうですが(NHKだからね←って自分の職業を棚において言ってますが(^^ゞ)基礎から学べそうですね^^

投稿: pearl | 2011-03-27 11:08

sakkoさん、こんにちは。
昨夜は夜中にコメレスをしていて、sakkoさんはいつも何時ごろだっけ…?と思っていました。
私も久しぶりに夜更かしをしましたが、4時半でダウン…(十分?)
週末だからできる贅沢な時間の使い方です。

sakkoさんが書いてくださった新聞記事を読んで、考えさせられました。
遠く離れた場所にいる私にもいつか出番がくるでしょうか。そんな日が来ると思って備えなくてはなりませんね。
今自分にできることからやろう!と改めて思いました。sakkoさんありがとうございます!

さて、ELLEのスンギくんですが、TVを通していつも見ているスンギくんとは違う一面ということですっかり虜になってしまいました。
人間ですもの、こういう葛藤ももちろんありますよね。人間的な一面を見ることができたようで、勝手に少し近づいたような気がしています。
そこに、この映像でしょ~もうさらに~~ですよ。


pearlさん、こんにちは。
pearlさんもお忙しいのに、たくさんコメント入れていただいてありがとうございました。

そうそう、私もハングル講座の最終回見ましたよ~
たまに時間が合う時は見ていましたが、料理シーンは初めてでした。
しかも最近「パスタ」を視聴したばかりだったので、ミヌssiとアレックスssiをまとめて楽しめてお得でした♪
次のシーズンは超新星ですか…また人気が出そうですね。
個人的にはコン・テユssiが好きだったので残念です。また他のバラエティー番組に出てくれるのを楽しみにしています~

投稿: 管理人 | 2011-03-27 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ELLE3月号にスンギくん…ちょっと大人。 | トップページ | 「パスタ」を見始めました。 »