« 電気屋にて | トップページ | 「グロリア」オープニング曲は実在していました。 »

2011-06-27

「JIN~仁~」終わっちゃいましたね。

Jin

「JIN~仁~」久しぶりに最後まで見てよかったと思えるドラマでした。
すごく見応えのある最終回でした。

江戸時代にタイムスリップしてしまった仁の奮闘と、江戸という時代を懸命に生きる当時の人々の暮らしぶり。
そして、歴史の教科書に名を連ねる偉人たちの生き様(ここは生き様という言葉がぴったりだと思います)が、フィクションと分かっていても惹き込まれ、最後まで楽しませてくれました。

今日は思いつくままに書いてみようと思います。

もう2年経つんですね。
最初の放送が終わったとき、どうしてこんなに中途半端な状態で終わるの~~!と怒っていました。
映画化になるとかならないとかで。
商業的だ~とか文句言っていたこともありましたが、結局映画にはならず、2年待たされてようやくテレビで完結してくれてありがたかったです。

その間に、NHKで龍馬伝が放送されたりと色々と大人の事情もあったのかしらと勘ぐりつつ。
ダンナさまいわく、龍馬伝と同じ時期に放送されなかったのももちろん意図的だと思うし、受験シーズンをはずしたのも意図的なものを感じると言っていました。
考えすぎじゃない?って言いましたが、JIN~仁~を見て、歴史を違う解釈で捉えたり、間違って覚えたりする人がいるかもしれないと真面目に言っていました。苦情対策?と笑いましたが、歴史を勉強中の人にはドラマがフィクションと分かっていても、影響があるのかしら…?

ドラマの結末について、一体どんな風に終わらせるんだろう?とか、結局どうしてこんなことになったの?という疑問がすっきりと晴れるのか心配でしたが、細かい疑問は残ったものの私は好きなラストでした。

時空を超えた「想い」を純粋に愛おしく思いました。そして、最初から分かりきっていたものの、結ばれなかった仁と咲が切なかったです。
未来の仁のために時代の痕跡を残そうと懸命に生きた咲と、過去に自分の生きた証を残した(実際には残ってはいないようになっていますが確かに何かを残したのだと信じます)仁の二人の姿に、心を揺さぶられました。

日本のドラマでこんな感情になったのは久しぶりです。
江戸という時代の持つ奥ゆかしさと大胆さ、これから日本が変わっていくんだという歴史の大きなうねりをドラマを通して感じました。

最初、歴史が変わりそうになると、本気で心配していたんですよね。
いいの?事実(史実)と違う展開でいいの?とか。龍馬が歴史どおりに死ななかった場面とかもドキドキしながら見ました。
「歴史の修正力」―本当にあるのかも、と思わせてくれました。

タイムスリップという現象が存在し、時空の歪み(ひずみ)があること。何層ものパラレルワールドが存在すること。
嘘のような本当の話のような…やっぱりフィクションなんだけど…

悔やまれるのは、これで最初の話に戻るとまた面白く見れるのに~ってこと。
せっかく再放送していたのに、HDDの残量が少なかったからもういっか~って録画しなかったんですよね。
また最初から見たら違う感想を持つかもしれないと思います。

元の世界Aから過去へタイムスリップし、そこからパラレルワールドBに戻ってきた仁。
同じようで少し違う未来をこれから生きていく仁。
ではパラレルワールドBからタイムスリップして行った仁・Bは過去の江戸でこれからどのように生きていくのでしょうね。
やはり同じように悩み、時に立ち止まったりしながらも同じように過ごしていくのでしょうか。
続きを見たいと思うとキリがないですね。だって、パラレルワールドは無限ですから…

仁が消えた後、江戸の人々の記憶から居なくなっていた仁ですが、あれはどういうことなのでしょうね。
咲が仁のことを覚えていなかったこと。私は最初、病で生死の境をさまよったために記憶を失ったのだと理解していました。
そして、仁友堂のみなさんは仁が消えてしまったことを不憫に思い、本当のことを言えずに咲に嘘をついているのだと思っていました。
でも、あれは口裏あわせなどではなく、仁があの時代から消えた(現代に戻った)瞬間に、まるで何も無かったかのように人々の記憶から消えていったのでしょうか。
ダンナさまの意見は後者です。そして、私も丸め込まれました(笑)


仁が過去にタイムスリップして過ごした日々。精一杯生きた日々。
それが龍馬という友を動かし、その思いは恭太郎さんを通じて生きている。
仁友堂で起こしたたくさんの奇跡、果たせなかった思い。それは仁友堂から仁の痕跡がなくなっても、歴史に名が残らなくても、確かに仁友堂の中に受け継がれました。
そして、仁が伝えたかった思いは咲が確かに受け止め、時を超えて咲の子や孫に受け継がれていました。
だからこそ、仁は自分が起こした小さな奇跡と再会することができたのだと思います。
江戸という時代を、仁が懸命に生きたから。

歴史は変わらなかったかも知れないけど。
歴史の修正力によって修正されてしまったかもしれないけど。
でも、仁が生きた証は確かにありました。
龍馬、咲、野風さん、恭太郎さん、そして仁友堂のみなさん…仁が関わったたくさんの江戸の人々が生きた証とともに、確かに存在するのだと私は思います。


  ↑楽しんでいただけたらクリックお願いしますflair

|

« 電気屋にて | トップページ | 「グロリア」オープニング曲は実在していました。 »

コメント

昨日で終わってしまいましたね。
悲しいことに今まで見ていたのに、昨日に限って、録画予約されてなくて・・・。ショックで仕方ありません。
再放送、早くあって欲しいです。

投稿: みほ | 2011-06-27 17:11

megさん、皆様こんばんは!
私も「JINー仁ー」は、大好きなドラマでした。完結編は、よりリアルなシーンが多くて、ちょっと・・・と思ったけれど、ラストは、爽やかな風が吹いたような感じで、良かったですねhappy01原作も読んでみたいなあと思ってます。キャラクターにキャストがばっちりあっていたし、皆さんの気合いが伝わってくるような作品だったと思います。
スンギ君も何年後かに「南方仁先生」のような役を演じて欲しいなあ~本人も医者の役をやってみたいと雑誌のインタビューで言っていたし、「南方先生」のイケメンではないけど、カッコイイところ、笑顔がかわいいところ、少しホダンなところ、合うと思うんですげど・・・
結局、最後はスンギ君ネタですね!ミヤネヨ~

投稿: ナンシー | 2011-06-27 23:42

megさん、みなさん、おはようございますhappy01

私は時代劇が子供の頃から苦手なので、見ないのですが、
JINには、主人の友人がエキストラとして出演してたので、
主人は出演する回だけ録画して、デジカメで撮ってメールで送ってあげてました。
竜馬伝の時は、ブルーレイにして送ってあげてました。
知ってる人が出演すると興味が湧きますね。
私の友人の娘さんはタレントなので、出演する時は見てます。

投稿: roony | 2011-06-29 10:21

megさん…あんにょ~んです。最後まで、惹きつけて離さないドラマでしたね…最終回も2時間が、あっとゆう間で…納得はしつつも、でも咲の記憶にだけは南方仁を完全な形で残しておいてほしかったなぁ~とも思いましたね…最後の手紙の『咲はお慕いしておりました』で救われた気もします。現代に戻る仁と咲が結ばれることは無いのは分かってましたから、でも咲は誰とも結婚をせずに名前も顔も思い出せない仁を想い続けたんですね…ペニシリンを作った事、コロリと戦った事、沢山の命を助けた事、全てを無くしてしまう最後は予想外でした…難しい話しは苦手なので、『俺は長い夢を見ていたのか…』ぐらいで私なら終わらせちゃいますね…でも日ドラで毎週を心待ちにしたドラマは久しぶりで…楽しませてもらいました。皆さんに拍手です。

投稿: あんず | 2011-06-30 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電気屋にて | トップページ | 「グロリア」オープニング曲は実在していました。 »